シンプルVPN by NIFCLOUD

オフィスのインターネット回線をセキュアにしたい方のために、VPN環境の構築に役立つ情報をお届けします。

長期出張の多い営業マンは「外出先からの安全なデータの利活用」の仕組みで業務停滞を防ごう

普段より外出機会の多い営業マンの業務効率化は大きな課題の一つです。例えば、長期出張の際などに、出張先から社内の業務システムが使えない、本社や自席PCのデスクトップに置いてある重要なデータが閲覧できない、などにより業務停滞を招くという課題はないでしょうか。

利便性と安全性を両立しつつ、外出や出張の機会の多い営業マンの業務をスピード化し、営業効率をアップするためにどうしたらよいでしょうか。ITインフラの観点からどんな解決策が考えられるか、出張のシーン別に紹介したいと思います。

出張先が支社など自社拠点の場合、VPNの「拠点間接続」が有効

出張先が支社をはじめとする自社拠点の場合、遠隔地の拠点から社内ネットワークにアクセスし、業務システムにアクセスしたり、自席PCのデスクトップにあるファイルを閲覧できる仕組みを整備する必要があります。

こんなときに有効なのが、VPNを用いた「拠点間接続」です。拠点間接続とは、公衆網であるインターネットを、あたかも「プライベート」な専用線のように使うことを可能とするVPNを用い、離れた複数の拠点間を接続し、まるで1つのオフィスにいるかのように、すべての拠点で「ファイル」「ネットワーク機器」「アプリケーション」を共有することができる仕組みです。

f:id:fjct_svpn:20171106215807p:plain

VPN拠点間接続イメージ図

これにより、出張先から安全に社内の業務システムを利用することや、ファイルを閲覧することが可能になります。VPNにより通信は暗号化されるため、情報漏えいや改ざんなどのリスクを低減し、営業マンの業務のスピード化や効率化をサポートすることができます。

出張先が自社の拠点外の場合、VPNの「リモート接続」が効果的

出張先が、自社の拠点外の場合は、「リモートデスクトップ」の機能が効果的です。これは、手元にあるPCからオフィス内のPCにアクセスして画面操作し、社内と同じ環境で仕事をすることができる機能です。

VPNを用いれば、「リモートデスクトップ」をはじめ、オフィスのPCやファイルサーバーなどのイントラネット内に安全にアクセスできる仕組みを容易に整備することが可能です(こうした仕組みをVPNの「リモート接続」といいます)。

これにより、営業マンは、インターネットにアクセスできる環境さえあれば、いつでも、どこからでも、安全に社内ネットワークへアクセスすることができます。例えば、重要なデータを持ち運ぶことなく、社内の自席PCのデータを参照することや、社内のファイルサーバーやイントラネットなどに安全にアクセスし、データや業務システム等を利用することが可能になります。

自社のビジネスのニーズに合致したVPNサービスを検討しよう

前出した「拠点間接続」「リモート接続」は、VPNにより実現可能な代表的な仕組みです。一方で、サービスとしてのVPNは、初期構築の難易度やセキュリティレベルなどでさまざまな種類があります。

セキュリティのレベルが最も高い仕組みは、複数の拠点間を「専用線」で結ぶ方法です。しかし、専用線は導入、運用コストが高くつきます。一般的に、専用線は距離に比例した料金設定となっているため、拠点数が多くなり、拠点間の距離が離れるほど、コストが高くなります。

一方、インターネット網を利用し、データを暗号化して送受信する「インターネットVPN」は、専用の接続機器を用い、通信を暗号化して「仮想的に」専用ネットワーク化するもので、専用線ほどの堅牢性はないものの、導入コストと運用コストを安く抑えるメリットがあります。

さらに、インターネットVPNサービスの中には、利用者はサービスを選ぶだけで、専門的な知識を必要とせずに、構築や設定が可能となり、簡単に利用開始することができるものがあります。

ビジネス環境の変化は激しく、ワークスタイルの多様化や、拠点の新規開設、移転といった将来の事業拡張性を視野に入れた場合、低コストで、容易に利用できるインターネットVPNの導入メリットは大きいといえます。

社内のセキュリティレベルや、自社のビジネスのニーズに合致したインターネットVPNを上手に導入し、「外出先からの安全なデータの利活用」を実現してはいかがでしょうか。

リモートアクセスで効率アップ! eBookを読む