シンプルVPN by NIFCLOUD

オフィスのインターネット回線をセキュアにしたい方のために、VPN環境の構築に役立つ情報をお届けします。

VPNで必要になるサービスアダプターの「訪問設置」

シンプルVPNは、現在使っているLAN回線にサービスアダプターと呼ばれる小さな機器を追加して設置するだけで使い始められます。この作業はとても簡単ですが、シンプルVPNでは専門のスタッフが実際に訪問して設置から動作確認までを対応するオプションもご用意しています。

f:id:fjct_svpn:20171205095934p:plain

Q:
IT系の知識にうといので設置方法がわからない。
訪問してくれるサービスはないのか?

A:
専門スタッフの作業なので安心確実。より確実にVPNを始められます

シンプルVPNは、基本的にはインターネット回線にサービスアダプターを接続するだけで使い始められるサービスです。しかしLANやIT系の知識が全くない人にとって、この作業は若干の不安を感じることがあるかも知れません。

そんな方向けにサービスアダプターの設置サービスを行う訪問設置サービスがあります。このサービスはオプションで、「スタンダードプラン」で申し込むと利用できるようになります。

訪問設置サービスは、多忙でサービスアダプターの設置を行う時間がない場合や、より確実にVPNを開通したい場合に便利です。訪問設置サービスでは、知識の豊富な専門スタッフがサービスアダプターの設置から開通の確認までを行います。

Q:
離島でもサービスアダプターを訪問設置してもらえますか?

A:
離島でも対応可能です。ただ、追加料金が発生する場合があります

サービスアダプターの訪問設置は、離島でも対応しています。ただし、交通費や宿泊費などの追加料金が発生する場合があります。これは、公共交通機関から遠く離れた山中などの場合も同様です。

基本的に、サービスアダプターの訪問設置はフォームでお申込みをして全国一律対応となります。導入に関して不明点がある場合は、導入相談窓口までお電話でお問い合わせください。

Q:
自分たちが設定すれば訪問なしプランでも大丈夫ですか?

A:
簡単に設置できるのが、シンプルVPNの大きな魅力。設置はユーザー自身でも可能です

シンプルVPNは、現在使っているインターネット回線にサービスアダプターを追加接続するだけで使い始められるサービスです。特にHUBタイプの場合は、既存のPC等の配線を変えることなく設置・設定を完了できるケースがほとんどです。このため、特に専門知識は必要なく、誰にでも設置は可能です。

NATタイプの場合は、ルーターとPCの間にサービスアダプターを入れ込むための配線の変更やIPアドレスの設定などで、若干の作業が必要になる場合があります。しかし、これもさほど難易度が高いものではありません。

ポート開放を含むネットワークの基本的な知識があれば、サービスアダプターの設置はユーザー側で行うことが可能です。

Q:
訪問設置にあたって、準備してほしい情報は?

A:
ルーターの設定を変更をするための権限(IDとパスワードなど)が必要です

シンプルVPNの訪問設置サービスにあたっては、事前に設置ルータの設定画面に入る権限(IDやパスワードなど)の情報のご提供をお願いします。また、NATタイプのサービスアダプターを導入する場合は、現在LANに接続されているサーバーやOA機器のどれをVPNで接続可能にするかを決めておく必要があります。それによって、サービスアダプターの配線の位置が変わってきます。

シンプルVPNの利用に必要なものは、プロバイダー契約が済んだインターネット回線と一般的なルーター、サービスアダプター用の電源コンセントだけです。

eBookダウンロード『シンプルVPNご紹介資料』