シンプルVPN by NIFCLOUD

オフィスのインターネット回線をセキュアにしたい方のために、VPN環境の構築に役立つ情報をお届けします。

本社と営業所間のファイル共有をシンプルVPNで実現したい!

数多くの書類・ファイルのやりとりを行うビジネスの現場。プロジェクトごとに関連のデータやファイルが多く必要になる仕事では、ファイルを一元管理して共有するのが効率的です。
そんな時に利用したいのが、シンプルVPN。たとえば本社と営業所の間でデータを共有する場合、シンプルVPNならファイルサーバーを使ったセキュアなデータ共有が可能です。

f:id:fjct_svpn:20171205141439p:plain

Q:
プロジェクトで発生する多くのファイルとデータ。営業担当は本社勤務ですが、制作チームは営業所勤務のためデータのやり取りが大変。特に制作ファイルは頻繁に共有しないといけないため、もうメールへのファイル添付では対応しきれません!

A:
ファイルサーバーを使って、データ共有を行いましょう。シンプルVPNなら、本社にあるファイルサーバーにも営業所から安全・快適に接続

現在のビジネス環境では、日々とても多くのドキュメントがデータ化されます。そして、これらを一緒にプロジェクトを進めるチームメンバーと共有する必要があります。

この時に問題になるのが、ファイル共有手段です。扱うファイルの数が少ないうちは、メールを使ったデータの共有でもそれほど問題ではありませんでした。しかし、関連するファイルやデータの数が多く、しかもそれらがどんどん最新の内容に更新される現在では、メールへの添付ではメンバー間のファイル共有を行うには限界があります。

個人それぞれがファイルやデータを自分のPC内で管理する方法では、どれが最新の情報なのかわからなくなります。また、ファイルを紛失する危険性もあります。

そんな時に利用するのが、ファイルサーバーです。プロジェクトに関するファイルやデータをファイルサーバー内の共有フォルダに格納すれば、プロジェクトのメンバーが個別にファイルやデータを持つ必要はなくなります。また、フォルダ内でファイルの更新も行えますから、常に最新の情報が管理できることになります。つまり、データの「一元管理」が可能になります。

ファイルサーバーは、本社/営業所のどちらにあっても構いません。また、クラウド上に作ってもOKです。ニフクラには、クラウド上にファイルサーバーが作れるメニューが用意されています。サーバー内に共有フォルダを作ったら、そのサーバーにVPN接続することで安全なファイル共有が可能です。

f:id:fjct_svpn:20171205141428p:plain

ファイルサーバーの使い勝手は、ファイル転送のスピードによる部分が少なくありません。シンプルVPNの場合、ファイルの転送スピードはサービスアダプターの仕様によって上り/下り最高100Mbps(=12.5MB/s)となっています。

この数値は理論上のものですから、実際の通信速度が必ず100Mbpsというわけではありません。しかし、この数値は一般的なビジネス関連データを扱うなら何の問題もなく快適に使える転送能力といえます。

シンプルVPNを使えば、本社と営業所間など異なる営業所でも、安全かつ迅速なファイル共有が実現できます。

リモートアクセスで効率アップ! eBookを読む